読書だけの休日はたいそうしあわせ 
丸一日かけて「忘れな草」と「花嫁人形」を読んでました。
「雪の断章」を読んでいたく感動したものの
積読本がありすぎて、姉妹編を買うのを躊躇っていました。買ってもなかなか読めないと思って。
が、友達にオススメしたところ、早々に「4作揃えちゃった!」と言うので……!
触発されて私ものこり3冊揃えてしまいました(頑固なわりに影響を受けやすいタイプ)。
でもラノベと違って文字がぎっしりの文庫だから、
読了まで何日かかるのかなーと憂慮して手が出しにくかったのですが、
佐々木丸美さんの本には引力がある……。
3冊揃えて積読本の山の上に置いておいたら
尋常じゃなく読みたい気持ちが高まり、
もう……この休日使って読んじゃる……!
と覚悟を決めました。
「忘れな草」は6時間、「花嫁人形」は5時間で読めました★
ネタバレになるので感想はつづきからです。
おもしろかったよー!

忘れな草 (創元推理文庫)忘れな草 (創元推理文庫)
(2009/01/28)
佐々木 丸美

商品詳細を見る

花嫁人形 (創元推理文庫)花嫁人形 (創元推理文庫)
(2009/03/31)
佐々木 丸美

商品詳細を見る
「忘れな草」と「花嫁人形」は
「孤児四部作」のうち2・3作目ですが、
1作目「雪の断章」も含めて、
・青年×少女(歳の差恋愛)
・主人公の少女が激しくいじめられる
・ラスト近くに、自殺する脇キャラの手紙が出てくる
という共通点が……既視感が。
それでもやっぱりそれぞれの面白さがありました……。
どのおはなしもハラハラさせられつつ……ちゃんと想い人と結ばれてホッとしたよー。
3冊の主人公は同い年の従姉妹なのですねー。読む毎に謎が解けて楽しみが増えます。
最後の1冊「風花の里」も読むの楽しみ。
終わったら館シリーズ3作いきますー。

「忘れな草」のラストで史郎さんが出てきて、
あっ生きてたんだー……と感動しちゃいました。嬉しい。
人物相関図が見たくてハードカバー版「夢館」も買っちゃった。
現時点では半分以上知らないキャラだけど……。

孤児4作を揃えた友達に教えてもらった「中年×少女」の
恋愛小説も買っちゃったので、なるべく早く読みたいなー。
歳の差ばんざいです。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/828-656022dc