ついに氷解しました(ホラー漫画に関する疑問が) 
げ、げんこ……う……。タイムリミットが……っ。

徹夜すればいいよね(´∇`)
って豚イヌが囁いてきます。
いや、よくないよくないよ。
にっき書いたら直ちに原稿に戻りますが、これだけは書きたい。

小学生のころ本屋さんで立ち読みしたホラー漫画の話です。
地元のダイエーの本屋で立ち読みした忘れられない作品……。
詳しいストーリーは憶えてなくて、記憶してたのはエピソードだけなんですけども。

主人公は「生きている小さい人」を、秘密裏になぜかいっぱい飼っています。
生きている小さい人をマッチ箱に入れて、火をつけると、
バタバタと転がって楽しい……という……あー怖い! 怖い!
怖いんだけど、暗い支配欲を満たす魅力的な設定だとも思いました……。
だからいままで忘れられなかったのでしょう。その背徳感が恐ろしいっっ。

で、作者は日野日出志先生だとずっと思い込んでいたのですが、
(日野日出志先生の、ひばり書房の怖い本をダイエーで立ち読みしていた記憶があったため)
数時間かけてネットで調査してみた結果、いけうち誠一先生の作品だと判明したのです!
といってもお名前は存じ上げませんでした、はじめて認識しました。なんか申し訳ない。

X-Virus様の管理されているサイトに、ストーリーとカットが載っていて感激しました。
ありがとうございます……!
--------------------------------------------------
「G-ZONE」小ちゃくなあれ
http://g-zone.come-up.to/J/library/389/
--------------------------------------------------
そうかこういうストーリーだったのか。全然憶えてなかった。
全部読みたいけど、コミックスの入手が難しそうですね。
20年以上心の片隅で気になっていたことがひとつ解明されましたー……。
何度でも言うけど、ネットって本当にすごいですね。

あともういっこ、小学生のとき立ち読みしたホラーで憶えてるのは、
わたなべまさこ先生の「聖ロザリンド」です。
文庫で復刻されてるから手に入りやすいはず。
これはストーリーも恐怖シーンもわりと憶えてる。
本当に怖いんだけど、ラストがしぬほど哀しくて切ないんだわー。

ちなみに全然関係ないけど、お世話になった地元のダイエー。
立ち読みの十数年後、私はダイエー内のCDやさんに、
バイトで雇ってもらって働くことになり、そこで旦那さんと知り合いました。
そのまた数年後、地元のダイエーはつぶれてしまいました。諸行無常の響きがありました。

さてすっきりしたので原稿に向かいます。
本のメインタイトルが決まったので顔が笑ってます。笑えます……。
早く告知したいので、さくさく進めていこう。
というかもうタイムリミットが。ああ。

あっ……、ついカッとなってルピシア福袋(梅)注文してしまいました。
売り切れと見せかけて、実はまだあると告知するなんてやり手すぎる。
うっかり乗せられて鬱です。嘘です。楽しみです……よっ゜゜(´□`。)°゜。
これの詳細(って何?)は後日。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/645-cc6b7abb