衝撃の一夜 
刺された

私じゃなくて旦那さんがorz
しかも、おしりを……。
私の愛してやまないあの美尻を……(私は自慢じゃないけど「旦那さんの尻」フェチ)。

ネタじゃないです、すべて実話です……。

~震撼ドキュメント~

深夜、帰宅した旦那さんに蜂の巣駆除を持ちかける。
仕事で疲れたから明日にしよう、と言う旦那さん。予想通りだった。
先延ばしが得意な男に頼ってはいられない。
業を煮やしたひめのは「私がやる」と宣言し、長袖シャツ+ゴム手袋+首タオルで防備。
その姿を見た旦那さんが心底イヤそうに「これは俺の仕事だ!」と言ってひめのを止めた。

いざ!
巣を落としたら、案の定、部屋まで追い掛けてきたハチたち。
マンガみたいな光景だった……。
蛍光灯に4~5匹ほど集まってしまった。
怯えてカーテンの隅に隠れる旦那さんが「刺された!」と叫ぶ……。えー!
ひめのは殺虫剤を取りに走った。
そして戦った……。
というかただひたすらスプレーを散布した。
弱って落ちたハチさんを回収してゆく。
さようならハチさん。ごめんなさいハチさん。
特に罪はないのに……。

合計4匹を始末。
入ってきた正確な匹数が判らないので、まだ潜んでるんじゃないかと不安な夜です。

事後、ネットでいろいろ調べた。
アシナガバチは、ほかの虫を食べてくれる良いハチだったらしい。
巣をつくった場所と運が悪かったと諦めてもらおう。
ほんとごめんなさい! ハチさんごめんなさい!

~完~
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/214-08279406