本とお茶が尽きない状態 
2年くらい前に買った「イズァローン伝説」を全巻読みました。
2年も寝かせておいたことを悔やむほどに面白かったです。
これ私が小学生か中学生のころに近所のともだちがコミックス持ってて、最初の数巻を借りて読んだりした記憶がうっすらとあるのだが絶対全部は読んでないし、こんなにスケールの大きな話だったなんて知らなかった……!
ファンタジーかと思いきや(そうなんだけど)SF要素もあるし!
昔の少女漫画ってほんとすごいな……名作と呼ばれているものはなおさら……。
読んでいる数日間はつづきが気になってバイト中とかぼんやりしてました。ははは。
30年くらい「いつか読みたい」漫画の代表格だったので念願かなって嬉しいです。
そしてそういう漫画がまだ……家に何セットも積み上がってるという……しあわせな状態ですね……とても……。
つぎは再読だけどマサルさん読む。
いちどコミックス全巻手放したけど、改めて「ウ元ハ王版」を買ったのであった……。
なんで買ったかというとオイコノミア観てたら最後の経済ポエムの絵に「タスケテ」って書いてあって、唐突に「ボスケテ」という言葉が私の口から出て……でも意味がまったく判らなくて全然思い出せなくて。ググったらマサルだったんですよね。たぶん最後に読んでから20年くらい経ってると思うんだけどまだ「ボスケテ」って単語覚えてたのすごくない? 感動しない??
感動したのでもういちど読もうと思ったのでした。
しかも未読のジャガーさんまで全巻注文してしまったのでした(通販。まだ届いてない)。
うう。困ったことに、まだまだ読む本(漫画も小説も)と、飲むお茶にはしばらく困らない。ムジュン。



イズァローン伝説 (1) (中公文庫―コミック版)
竹宮 惠子
中央公論社
売り上げランキング: 226,733
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1481-828b1439