じわじわ死にかける描写 
あああ……この部屋の中には「星への旅」が二冊あるはずなのに……見つからないー!!!
(ブログ検索したら2009年に図書館で借りて読んだらしい)
(そのあと二冊買ったことは憶えている)(でも探し出せない)

いま架空世界恋愛小説を書きかけてて、プロットがドラクエみたいな話(どんな)にふくらんできたのですけど、友人と話してて「あっこれ当初はヒロインがじわじわ死にかけるシーンを書きたいだけだった……なのにどうしてこうなった……」と気づき。
「じわじわ死ぬ」といえば「星への旅」ですよ!
吉村せんせいは歴史小説とかノンフィクションに有名な著作が多いですが私は断然リリカルな純文学がすきです。「星への旅」はほんとに衝撃的だった……。
ボクサーが電車に轢かれる話とかすごすぎるよー。
集団自殺で崖から落ちていくあいだの心理描写すごすぎるよー。
読み返したいのに見つからないよー!
つぎの休みに探す。ゼッタイ。

ぜひ読んでみてください。

星への旅 (新潮文庫)
星への旅 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.03.24
吉村 昭
新潮社
売り上げランキング: 122,949
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1476-1ce104b5