本の交換所それはユートピア 
ブクブク交換には常に憧れを抱いておりますが、参加したことはないです。
会場によっては書籍代より高い参加費や交通費も必要だったり、
1〜3冊という冊数制限が少なく感じられたり、
交流にも重点を置いているのか「おすすめ理由」や名刺などが必要だったり、
その回によって(あまり興味のない)テーマが決まっていたりで、
私にとってはちょっと……かなり……敷居が高いかんじでした。
もっと……適当に……置いてある本を自分の本と交換するだけで、
冊数制限もなくテーマも関係なく、気軽にやれるやつないのかなー……。
と、たまに考えていたんですが、

あった。
自宅から徒歩5分の場所に存在してた。

バイト帰りにスーパー寄ろうと思って
歩いてたら見慣れない看板があって……。
「古本」という文字が目に入る。
地図に沿って歩いていったら
ふだん閉まってる建物が開いてて、
古本がいっぱい置いてあった。
わけがわからぬまま、大量の本があると
吸い寄せられてしまう性を持つ私である。門扉をくぐった。
古い建物の中には、本が……汚いのもきれいなのも混ざってたくさん……。
担当者(店番? 司書?)が現れて、
「置いてある本と自分の本を交換できます」
と言ったので、驚きつつもテンションの上がった私は
並んでいる本の中から13冊を選んで、いただいた。
そんで、家に帰って、14冊のいらない本を持って戻った。
(読み終わった本の山があるので選別には5分とかからなかった)
(なんとなく感謝の気持ちをこめて1冊多く差し出した)
いただいた本の中には、
私がAmazonのほしい物リストに一年以上入れてた、
いつか買う予定だった本とかも置いてありまして……。
半分くらいは「いつか読もう」と思ってた本で、
残りはその場で興味をもったもの。
不思議だけど嬉しい。

調べてみたところ、地域で本を循環させる試みらしいです、よ。
だいたい週イチでやっているらしい。
突如として目の前に現れた理想の交換所……ユートピア……ガンダーラ……。
といっても置いてある本は舐め尽くすように見てきたので
しばらくは行ってもほしい本はないかな。
いやはや嬉しいですね、さっそく読んじゃうぞ!
私の持っていった本も誰かにもらってもらえるといいな。

さすがテレビの星座占いで1位だっただけのことはある日でした。
ラッキーデイだな。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1454-32780f9c