映画のこと 
映画館へは年に数回行くか行かないかだけど
ここのところ観たい作品が多くてですね。
5月は頭文字Dとゴティックメード、
6月はメイズ・ランナーを観に行ったよ。

■ひとこと感想(ネタバレあり)■

「新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走-」
私は拓海くんが好きすぎるので、とてもよかった。
線がキレイで親父たちまで美しくなって……というか作画の完成度が高かった。
原作を全巻揃えたのに未読。早く読みたい。一気に読みたい。48冊なので躊躇するー。

「花の詩女 ゴティックメード」
永野護の漫画がそのまま動いてるうう。と、感動した。
FSSの巻頭カラーページのセルがそのまま動いてる感じよ!
ベリンの数え歌は途中から「たくさん♪」って適当になるのがうけるー。
けど耳に残る素敵な曲ですねえ。
最後に出てきた男性キャラが誰だか判らなくて
めっちゃFSS読み返してしもうた。
持ってなかったデザインズも3冊買ってもうた。
(でも結局誰なんだか結論出なかった)

「メイズ・ランナー」
映画「CUBE」とか小川一水さんの「ギャルナフカの迷宮」
みたいなのを期待してたんだけど違った。
迷宮の構造が主人公くる前に解明されてるとかwww
あちこちに見られるご都合主義がいかにもラノベっぽくてなー。
10月の続編はもうメイズじゃないし行かなくてもいいかな……。
つまらなくはなかったけど、ちょっと期待外れ。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1411-3d59b884