念願の文庫本葉書を買いましたよ。 
先週、松庵文庫に行ってきました〜。
何年も前からほしかった「文庫本葉書」を買いに!
本当は「本とコーヒーのうつわ展」ということで
コーヒーカップやコーヒー豆とセットでの販売だったみたいなんですが
だめもとで聞いてみたら単品でも買って大丈夫とのことで、
文庫本葉書だけ買わせていただきました。
すみません、ありがとうございます。
コーヒーカップも雰囲気があってすてきでした〜。
つきあってくれたむむさん(松庵文庫のご近所だったので遊びにいってきた)ありがとうー。

KIMG0747.jpg
▲古民家が、ギャラリー&ブックカフェにリフォームされています。すてきなたたずまい。

KIMG0748.jpg
▲ブックピックオーケストラさんの文庫本葉書。

文庫本葉書は、以前、新宿紀伊国屋で開催された
「本のまくら」フェアのような感じで、
(※文庫本葉書はフェア開催より前に存在していました)
文庫の一文が引用された封筒の中にその本が入っていて
タイトルや作者名などが判らないまま購入するというものです。
一律700えんで、文庫(中古本)が一冊入っています。

私が選んだのは、以下の2冊。

そのいち。
わがままで、欲張りで、考えが浅く、所有欲が強いくせに気まぐれで、おくびょうで、嫉妬深く、無責任で、ひとりよがりで、狭量で、忍耐心に欠け、偽善的で、だらしない。でもこういう悪いこと全部にもかかわわらず、人間には愛と呼ばれる、強くてすばらしいものがあって、彼らがあなたを愛し、あなたも彼らを愛するとき、他のことはいっさいどうでもよくなります。
そのに。
こんなモノがなくなって、またむかしのように物々交換の時世になればいいのにな。そうすりゃ、俺の詩も、じゃがいもと交換できるようになるかもしれないのに。

味わいがありますねー。
「続きを読む」以下にタイトル・著者バレあり。
そのいち。「わがままで〜」
☆猫語の教科書/ポール・ギャリコ(ちくま文庫)
 猫好きだけど、自分じゃ買わない本だ! 不思議なかんじの本。
そのに。「こんなモノ〜」
☆さかさま世界史 英雄伝/寺山修司(角川文庫)
 おおお寺山さんだいすき。持ってなかった本でうれしい。
 寺山さんの文章は読んでいてドキドキする。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1379-19298a26