艱難辛苦の十一月 
私のバイト先って部署が大きく3つに分かれてて、
いつもはひとつの部署でずっと働いてるんだけど、
たまーにヘルプで別部署に行くことがあるのです。
時期によって特定の部署が忙しくなりすぎたり
はたまた手が余ったりといろいろな都合があるみたいで。

で、ここ二週間くらい別部署に行ってるんだけど……ね……、
背中が痛いの!!!
同じ姿勢を7.5時間とりつづけなきゃならなくて、
(※もちろん昼食や休憩時間を挟んではいます)
立ちっぱなし+ややうつむき加減+動きが少ないの3コンボ!
いつもの部署での作業は、同じく立ち仕事だけど
意外と変化に富んでるというか、動き回る工程も含んでいるし、
主な作業とは別に入ってくるアクティブな(肉体労働系)業務もあります。
でも別部署での作業は基本ほとんど同じで、姿勢が硬直……。

で、その別部署メインで働いている人たちも
同じく辛いんじゃないかーって思う向きもありましょうが
その人たちは数時間おきに作業内容が変わるのですよ。
A、B、Cの作業があるとして、
労働者はA→昼食→B→休憩→Cってローテーション。
特定箇所への疲労を軽減しつつ、
飽きずに仕事できる配慮がなされております。
でもヘルプである私たち(10人程度選出)にはなんの配慮もナシ。
ひたすらAだけ。
A→昼食→A→休憩→A。
自分たちで言いましたよ。
「別作業を組み込んでくれないと疲れる」と。
別作業があることは知っているし、内容も簡単だからできるし、
同じ作業を固定でやるより混ぜたほうが効率よくなる。
なにより疲れにくくなる。
訴えたところ、自部署の社員が別部署の社員に連絡してくれて
その日だけは別作業入れてもらえましたよ。ワーイ。
が、後日、自部署社員が「あれはなかったことに」と言うわけ!
※「おまえらはこないだクビ切った派遣のかわりなんだよ。
  派遣は7.5時間ずっと作業Aだったから。
  おまえらもワガママ言わずに別作業ナシで働けよ」
という内容を柔らかい言葉で丁重に言われたわけだよ。
※超訳。もちろんこんなパワハラ口調ではない。盛りました笑

選出されたメンバーは固定でずっと別部署に行かされてて、
行かされない人はいままでどおりの仕事をしているわけですよ。
そこで芽生える不平等感……。
社員の説明としては
・固定のほうが作業の説明が省ける
・次第に慣れてきてスムーズに仕事できる
・別部署の知識があれば勉強になるし帰ってきたとき自分の仕事にも活かせるっしょ
とかいう麗句を並べ立てられたけど。ただの詭弁だね。

別部署は高い建物の二階にあり、私たちの使う休憩室は一階です。
移動距離がなかなかに長いので、休憩時間も5分早く切り上げないと
タイムカード押すの間に合わない。
15分の休憩が実質5分になってるし。
そのへんの苦労も社員はわかってないね。

で、だんだん鬱になってきちゃって、
「次第に慣れてきてスムーズに仕事できる」
どころか、効率落ちて落ちて仕方ないです笑
自分の作業量は目に見えて減ってきました。
サボろうと手を抜いているわけではなくて
がっかりしながら手を動かしているため
全然進まないんですよね。作業が。不可抗力なのv
選抜メンバーの中には休みがちな人もいるし
ついに会社を辞めてしまう人も出ました笑

一応は仕事だから文句言わずに
やらなきゃいけないのかもだけど、
背中バキバキだし肩凝るし首も痛いよ!
差別されてる感でメンタルも落ちまくりだよ。
もう限界だよ。と思って社員に言ってみた。
「あれはほとんどイジメですね」と……。
一日中じゃなくて、午前と午後に分けるとか
違う作業もやっぱり混ぜてもらうとか、
なにかしらの思いやりがほしいと思うのは甘えかしら。

12月も同じような感じなら辞めることも視野に入れないと……。
と思ったけどこれって辞めたら負けなんだよな……。
(負けまいとする8種体癖の私である)

長い愚痴を読んでくださり
ありがとうございました(´∇`)
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1344-6c1b75d3