とりとめのない話 
いくら……いくらアップル信者の私でも、iPhoneCMの、
「じゃあ、カオリにFaceTime」がさぶいぼすぎて耐えられない……っ。
(うわ! アイフォンとフェイスタイムを一発変換したよ、このことえりめ!)
「むかつくCM カオリにフェイスタイム」で検索したら
同意見がいくつも見られて晴れ晴れとした気持ちになりました。ふ。

で、関係ないけど今朝。
シュガーフリーのレッドブルを飲みました。おどろきの0カロリー。
きのう(台風すごかったね~)バイト先でいろいろあって疲労困憊してしまい
このままじゃ死……なないまでも、やばいことになると思って、
きょうは絶対栄養ドリンクを買うぞーと意気込んでおりました。
朝、コンビニに寄り、飲んだことないシュガーフリーを選び、飲んでみたわけですが
……うん。気のせいかもしれないけどなんとなく効いた気がする。
一日なんとか乗り切れた。
栄養ドリンクの効き目って、ただの雰囲気……みたいなとこあるじゃないですかー。
高いやつはホントに効くっていうけど、
安いのはほとんど清涼飲料水みたいなものだったり。
なのできょうは効果があるのかちゃんと意識してみようと思いまして。
結果、「うおーっ、調子いいぜ、全然違うぜ!」とまでは
いかないのは残念だけど、でも、なんとなーく疲れかたが軽減されてる気がしました。
この「気がする」を買うのが栄養ドリンクなのかもね……。
よし、これは修羅場用にも用意しよう!
と思い、帰りがけに2本追加で買って、
なにげなくレシートを確認したら
キャンペーン中でTポイントがたくさんついてた。あら。ラッキー。

自覚はないのですが私は湿気にかなり弱い体癖らしく(って本に書いてあった)
そういえば梅雨時は特に、脚が重くてだるくて仕方がない。
もう本当に幼いころからの、原因不明の持病で
「疲れたり、季節の変わり目に、脚が苦痛(にがいた)くなる」
というのがあります。「くつう」じゃなくて「にがいた」です。
幼い語彙で表現すると「苦い痛さ」というのがぴったりだったんですよ。
鋭い痛みじゃなくて鈍い痛み。でも、ずーんと痛い。だるい。
ふくらはぎが、悲しくなるくらいイタイ。
大人になった現在ではたまーに痛くなる程度なんだけど
昨晩はけっこうあの痛みがよみがえってきた。
それで思い出したエピソードが……。
私の持病のために両親が、
整体のせんせい(謎の外国人)を家に呼んでくれていた時期がありました。
なんかいろいろやってくれたけど根本的な解決には至らず、
しかも塗ってくれた軟膏らしき薬がヘンなところについちゃって
(私が自分で、掻いたとか触ったりとかしたんだろうけど)
敏感な部分が痛くなってしまい騒いで泣き出して、
謎の外国人もなにがなんだか判らないのでオロオロして、
そしたら出かけていた父親が家に帰ってきてですね、
「謎の外国人が幼女を性的虐待している」
みたいなシーンになっちゃってました。違うんだけど。
さぞかし困ったことだろうね。あのときの男ふたりは。
もちろんそのときの私は、客観的に見るとけっこう
やばいことが起こっているな……ということは
全然自覚していなかったです。なにしろ痛くて泣いてたからな。
申し訳ないことしたよね。
という、30年前くらいの思い出でした。とりとめなし。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1137-8b7c41d0