プラだって破壊できる! 
お茶を淹れるのに毎日使っているプラスチック製のドリンクピッチャー。
1.3~2リットルくらい入る、大きめのポットみたいなものです。
ジャグとかいろいろな呼びかたがあってよく判らないけど。ここでは「ピッチャー」に統一。
我が家では2個使い回していますが、先日、1個壊れてしまいました。
朝、いつものように茶葉をセットして、湧かしたての熱湯を注いで数分放置。
その途中、旦那さんから「水がこぼれてるよ」と知らされて見にいってみると、
ピッチャーの底に小さく空いた隙間から、ピューって……。
熱湯が、ちょっとずつ流れ出てました……。
それはもう見事に「ピュー」という効果音が似合う感じで、
古いタイプの口つけて飲む冷水機のような、細い流れでした。
カーブを描いて落ちていく薄いお茶(抽出途中)を見て
その間抜けな光景に思わず微笑んでしまいました……。
って、床びちょびちょだよ。
流れ出る紅茶(ちなみにスリジエ)をカップ1杯分救い出し、
抽出しなおして飲みました。

さて、水筒に入れるお茶はどうしよう……。
もう1コのピッチャーは前日に洗わないまま放置していたので使用不可。
(ええ、だから2個ないと困るんです。中身入ってることもあるし)
その日はお茶持ってくのあきらめて、出先でドリンク買いました。
ぽっぽ茶(カフェインゼロ)とリプトンのオレンジはちみつティー。
お茶に依存して生きています。

プラ製のピッチャーを使いはじめる前は、
レピシエ時代のハンディークーラーとか、
無印良品の耐熱ガラスピッチャーとか、
iwakiの茶漉し付き角型サーバーとか、
その他いろんなメーカーのいろんなピッチャーを使っていましたが、
ガラス製なので、ことごとく割っていました。
わんさか割りました。1年に5回くらい替えてた気がするな。
で、ガラスにこりごりして、割れないプラ製のピッチャーにたどり着き、
数年快適に使い続けていたのですよ~。
しかし1年前くらいに、今回だめになったピッチャーのほうに
ひびが入っているのを発見してはいた……のですが、
とくに水漏れすることもなく普通に使えていました。
で、先日、なんのきっかけか判らんけど、ついに壊れたというわけです。
でも3年くらい使えたし、値段は覚えてないけどたぶん1000えん以下で
ガラスポットよりも安かったと思うし、コスパ非常に高かったわー!
というわけで、現在使っている(残った)ピッチャーと同じものを
通販で注文しました。これは2コないと不便だからな……。
熱湯OKで、冷蔵庫の中でタテにもヨコにも置けて、っていうのが便利です。
冬でも夏でもガンガンつくって飲みます。

しかしプラが壊れる日がくるなんてねえ。
「これ永遠に使えるのかな。壊れるならどんなタイミングで?」
と、ちょっと思いはじめた矢先のできごとでしたよ。
穴の開いた原因はよく判りません。落としたかぶつけたかしたんだと思います。
使い方次第で長持ちさせることもできたと思うし、
やっぱり私の使いかた&環境がすっごい劣悪なんじゃろな。
いいけど。(いいのか?)

なお、今回注文した(使ってる)のはコレです。
容量が飲み切るのにちょうどいいサイズ♪
タテ・ヨコスライドピッチャー1.3L  K-1260タテ・ヨコスライドピッチャー1.3L  K-1260
()
岩崎工業

商品詳細を見る
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miikopro.blog13.fc2.com/tb.php/1109-b267881f