スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一生にいちどあるかないかのガムシロとか 
狭い部屋に布団を並べて敷いて、寝ておるのですがー。
今朝、旦那さんが私の布団を横切るときに、
「ぷちっ」
という音がして、なにかを踏んだようで……。
えっ携帯とかみいこ(ぬいぐるみ)だったら怖い。
と思って急いで確かめてみたら、
掛け布団とカバーの間になにかが挟まっていて……これは……、
ガムシロップ。
が潰れて中身が布団に漏れていましたね。
思わず悲鳴をあげましたね。
旦那さん「なんでこんなところにガムシロップが」
わたくし「ずっと机の上に置いておいたのが転げ落ちたっぽいです」
急いで布団からカバーを外して、
ティッシュで拭いてそのあと濡らしたタオルで拭いて
シーツは洗濯、布団は干す、
な感じで処理しました。惨事だわー。

それから先日、資源ごみの回収日に
紙ごみをまとめて捨てたのですが、
私が出勤時に2袋捨てて、旦那さんがそのあと4袋くらい
捨ててくれたそうで、家事を私よりする旦那さんで
本当に結婚してよかったなあと思っているんです。
それはさておき、PCが修理から戻ってきて以来
なんとなくLANケーブルの調子がよくなくて
回線がわりと頻繁に切断されたりします。
よく考えてみたらこのケーブル私が初PCを買ったときから
使っているような気がして……ええともしかしたら20年近く
使用しているかもしれないやつなので、
さすがに劣化してもおかしくないというか
むしろ「LANケーブルってそんなに保つんだ!?」と
驚きと賞賛を浴びせたい。
けどまあこのままでは使いにくいから、新しいものを注文しました。
それはメール便ですぐに届いたんですが、
ちょうど台風の日に、出かける途中で
ポストに入っているのに気づいたものですから
玄関先にポイッと置いて、そのまま出かけて、
数日放っておいたのでした。
で、またネットの調子が悪くなってきて
「そうだ、LANケーブル取り替えよっと!」
と玄関に置いておいた封筒を取りに行ったらば、
ない。
……?
妙にすっきりしている玄関まわり……。
そう、今朝、旦那さんが紙ごみを捨ててくれたのだわ……。
未開封の封筒がないっていうことは、
確実に、うん、いっしょに捨ててるよね。
わたくし「封筒……あれ間違えていっしょに捨てなかった?」
旦那さん「えっ捨ててないよ」
まあ、でも、見つからなかったので、
やっぱり捨てちゃったみたいです。
住所書いたまま未開封だから回収業者さんが
「おっこれは間違えて捨てたんだな!」
と連絡をくれたりしないかなあと思いましたが
絶対ないよねー。ないわー。
まあ、紙ごみの近くに封筒を放置しておいたのが
よくなかったし……もう仕方ないので……、
同じケーブルを注文し直しました! 泣きたいです。

いかにウチが雑然としているか、という報告でした。
ガムシロとかありえないよねー。
そんな経験、一生にいちどあるかないかだと思います。
ネタになったのがせめてものなぐさめです。
スポンサーサイト
他人の生きかたには口を出さない 
これは自分含めてなんですけど、
結局他人のアドヴァイスなんか聞きゃしねえのに
愚痴や弱音をはくひと……いるじゃないですか……(私だよ)。
ま、解決を求めてないならいいんだよね。
友人との愚痴は言うのも聞くのも好きよ、私は。
でもなんか悩んでいるふうなので
(勝手に)親身になっていろいろ言っても
言い訳ばっかで返してくるひとっているじゃないですかー。
よく聞くのは「時間がない、忙しい」とか。
「自分のスタイルじゃない」とか。
ズバリ! それってやる気ないだけだよね……。
なのに「やりたいんだけどねー」とか言うの。
一生言ってろって思います♪

※特定のひとを指しているのではなく、あくまで一般論です。
 「私!?」と思ったひと……ちがうから……。
念願の文庫本葉書を買いましたよ。 
先週、松庵文庫に行ってきました〜。
何年も前からほしかった「文庫本葉書」を買いに!
本当は「本とコーヒーのうつわ展」ということで
コーヒーカップやコーヒー豆とセットでの販売だったみたいなんですが
だめもとで聞いてみたら単品でも買って大丈夫とのことで、
文庫本葉書だけ買わせていただきました。
すみません、ありがとうございます。
コーヒーカップも雰囲気があってすてきでした〜。
つきあってくれたむむさん(松庵文庫のご近所だったので遊びにいってきた)ありがとうー。

KIMG0747.jpg
▲古民家が、ギャラリー&ブックカフェにリフォームされています。すてきなたたずまい。

KIMG0748.jpg
▲ブックピックオーケストラさんの文庫本葉書。

文庫本葉書は、以前、新宿紀伊国屋で開催された
「本のまくら」フェアのような感じで、
(※文庫本葉書はフェア開催より前に存在していました)
文庫の一文が引用された封筒の中にその本が入っていて
タイトルや作者名などが判らないまま購入するというものです。
一律700えんで、文庫(中古本)が一冊入っています。

私が選んだのは、以下の2冊。

そのいち。
わがままで、欲張りで、考えが浅く、所有欲が強いくせに気まぐれで、おくびょうで、嫉妬深く、無責任で、ひとりよがりで、狭量で、忍耐心に欠け、偽善的で、だらしない。でもこういう悪いこと全部にもかかわわらず、人間には愛と呼ばれる、強くてすばらしいものがあって、彼らがあなたを愛し、あなたも彼らを愛するとき、他のことはいっさいどうでもよくなります。
そのに。
こんなモノがなくなって、またむかしのように物々交換の時世になればいいのにな。そうすりゃ、俺の詩も、じゃがいもと交換できるようになるかもしれないのに。

味わいがありますねー。
「続きを読む」以下にタイトル・著者バレあり。

続きを読む »

すごく楽しみな番組。 
テレ東の「家、ついて行ってイイですか?」が、だいすきだー。
本っ当に素敵な番組です。
人間が好きになれます。人生が愛おしくなります。
企画的に苦労が多い感じもするけど、スタッフさんがんばってほしいー!
放映が不定期なので見逃しがちになるのが惜しいっ……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。