スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれ? 
新刊、間に合うと思ったのですけど……。
実質執筆期間があと3日しかな……い?
おや……(´∇`)?

すごく薄い本なのに、あえて上下巻で発行。
ティアで前編、文学フリマで後編。
ということになりそうです。
書けてる分は出したい心持ち。

そんなことして誰が読んでくれるんだろ……orz
と考えつつも、前向きに作業を進めていきます。
イラストが楽しみだし(´∇`)
スポンサーサイト
ゆらゆらかいさん 
ゆらゆら帝国が3月末に解散してしまったことを本日知りました。
メジャーの1stと2ndを持っているので、
すぐに見つかった1stの「3×3×3」を
久々に聴いたら、やはり、よかった。
2nd「ミーのカー」をCD山脈(がうちにはあります)から
掘り出す途中で、ベスト盤の「1998-2004」を見つけた。
おお、聴きたい曲が入っている~!
このCDは自分で買ったんじゃなくて頂き物なので、
あること忘れてたっていうかほとんど知らなかったっていうか。
なんかこの部屋すごい(掃除するとほしいものが出てくる……引き寄せ?)。

ゆらゆら、すごく、すっごくかっこいいんだけど、
大好きな曲と苦手な曲の差が激しすぎるので
いつのまにか追いかけるのやめてたんでした。
深くハマるアーティストって「苦手な曲」は数曲あるかないかだけど、
ゆらゆらは、現状知っているかぎりでは
「2:6:2=大好き:ふつう:苦手」なかんじです。
しかし「大好き」な曲があまりにもよすぎてな……。
歌詞もすごいし。「ゆらゆら帝国で考え中」など、ツボに入りすぎて爆笑した。
動画サイトで見たPVがかっこいくてね……思わずクリップ集をポチったよ。
これはもう、アルバムも後追いで揃えるしかないだろう。
一か月に一枚買えば、年内に揃うな。廃盤になる前に。……ならないかな?

CLIPS 1998-2003 [DVD]CLIPS 1998-2003 [DVD]
(2007/09/26)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る
▲これ買いました。
 見つめていると不安定になる 不安定になる

解散の理由もかっこよすぎる。
最高の状態に到達してしまって、
これ以上やってもルーチンになるからって。
どこまでかっこいいんだー。

ここのにっきをみているかたが
どんだけゆらゆら知ってるか判らないけど
興味があったら聴いてみてください。
不気味でこわい一面もあるが、とてもかっこいいので。
ググれば動画も出てくるだろう。
好きになったらアルバム買ってみてね。
制作快調と言ってみよう。 
あー……久々に、小説を書いていることが、とても楽しいです。
最近苦しい側面ばかりで、楽しさが不足していた執筆活動……。
一筋の光が見えてきました。
自分以外の人に読んでもらえるような文章を、
「作品」と自分で言えるようなものを書いていれば、
その最中、私は幸せなのだと思いますよ。

そういうわけで、コミティアで発行する新刊用原稿、
「ミルクホールで苦い恋(仮)」を書いています。
おそらく薄いコピ本になりますが、内容は濃くしたい。
原点に戻って、私の乙女チック官能小説道を極めたい気持ち。
今回はれいきちんに表紙を描いてもらえるよー。わーい!

まだまだ作業してます。イベント直前までやる~。
読みたいと思ってくれる人に、読んでもらえるとイイナ!
銀さんがー!(not銀魂) 
きのうぼんやりとテレビをみてたら、
CMに銀さんが出てきて「森田!」って熱くゆってたよ……。
はわわはわわ。(※「銀と金」福本せんせい作品。)
突然の僥倖に慌てふためきながらも視線はテレビに釘付けである。
これはあれだ、アニメ化。
……じゃ絶対なくて、パチンコのCMだよな……。
と思ったらやっぱりそうだったよ。
もう、パチンコでもいい……だって銀さんが喋ってた~!
森田も喋ってたっけ?
次に見る機会があったらチェックします!

銀と金 (1) (双葉文庫―名作シリーズ)銀と金 (1) (双葉文庫―名作シリーズ)
(2005/12)
福本 伸行

商品詳細を見る

▲読むといいよ……。
衝撃的益田さん特集 
結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
(2008/01)
益田 ミリ

商品詳細を見る

どうやら売れているらしい、と、なんとなく知っていた本。
実際に読んでみたら、衝撃的におもしろかった……!

これはシリーズの2作目らしいので
(続き物ではないので問題なく読めましたが)
続けざまに1作目も買ってきました。
廉価な文庫版のほうを。

すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)
(2009/08)
益田 ミリ

商品詳細を見る

あと、気になっていたこの本も。
図書館で予約順番待ちしていたんだけど、
なかなか回ってこないので、もう買ってしまえと思った。
買ってよかった。

ふつうな私のゆるゆる作家生活ふつうな私のゆるゆる作家生活
(2009/03)
益田 ミリ

商品詳細を見る

上記2冊は「結婚しなくていいですか。」の
インパクトには及ばなかったものの、すばらしくおもしろかった。

「結婚しなくていいですか。」「すーちゃん」は、
登場人物がサザ●さんばりの素朴でシンプルな造作であるのに、
考えていることはものすごくリアルに重たくモヤモヤしている。
(34歳すーちゃんがにこやかにマネージャーと話しながら
 心の中では「岩井さんと寝てんでしょ?」と思っていたり、
 39歳さわ子さんが老いていくのは仕方ないと感じながらも
 「ただ、セックスはしたい」と思ったりする)
そのギャップにハラハラした。
だからといってドロドロはしていない。
深く共感して心の底から笑えるところもある。
読後感がとっても軽くてさわやかです。
30代女子には大きく共感できる部分が多いと思うなー。
興味があるかたは、ぜひいちど読んでみてくださいー。
私にとっては大ヒットでした。
益田さんのほかの本もどんどん読んでいきたい。

「結婚~」の、p.120のネコとか見てみてくださいよ。
もー、いろいろ衝撃的。
御礼! 
拍手からのメッセージで心が温まりました(´∇`)
(お身体ご自愛くださいねー!)
本当にありがとうございます!
メッセージはたまにしかもらえないので(笑)
嬉しさもひとしおです。
どなたさまも気軽に送ってくださーい。
いける。 
ティア新刊のプロットでけたー。
いろいろ総合して鑑みるに、
これはもう、

新刊が出る

と宣言していいレベルに到達しています。
まだ1行も書いてないが、そう言い切れます。
へへっ。
楽しい。
あしたから書きますね。
神戸・大阪に行きました【2日め・そうさく畑64&大阪編】 
日曜日(2010/04/04)イベント当日。ホテルのモーニングコールで起床。
テレビをつけたら、新シリーズのプリキュアやってました。
新しくなってはじめて見ましたが、また2人に戻ったのか……。
持参した紅茶などを飲みつつ、身支度を済ませてフロントヘ。
チェックアウトの前に、売店でおみやげを買いました。

img873.jpg img875.jpg
▲コーベアー。サブレの形、かわいい。

シャトルバスで駅に出ます。送迎バスは便利ですねえ。
ローソンでペーパーをコピー。ついでに朝食も買いました。
ポートライナーに乗ってひと駅で神戸サンボーホールに到着。
まだサークル入場がはじまっていなかったので、
外でゴハンを食べながらぼんやり。
10:45にサークル入場開始。一般入場は11:30から。
って、なんだか全体的に遅い気がします。なぜなんだろう。

時間通りに開場した様子。2Fに上がってスペース設営開始。
図書館スペースでの工夫が呼びかけられていたので、
ブックエンドを使って何種類かの本を立ててみました。
私のとこは見本誌が9種類もあるので……。

img856.jpg
▲通常図書館スペースに見本誌を置いた図。
 畑名物のココには「その日に売られるすべての本が並ぶ」そうです。

img857.jpg
▲小説専用図書館は任意提出制。椅子付き。
 私は全種類出しました(見えてないとこにもう1冊有り)。

11時半になり、一般入場開始!
ぼちぼちと人が増えていきます。

そうさく畑は初参加から13年ほど経っていて、今回で18回めの参加なので、
いくら4年ぶりといっても慣れ親しんだ雰囲気とあまり変わりなく、
非常に馴染んで落ち着きました……。
町内放送やお茶のサービス、回覧板などもあいかわらずでアットホームv

img872.jpg
▲お買い上げいただいたかたに、例の合同ペーパーを配布。

図書館もサークルスペースも、ざっと全部巡ってみましたー。
本はあまり買えなかったけど……。

既刊しかないこともあり売り上げはほとんど期待していなかったのですが、
久々の参加だったせいか既刊をまとめて買ってくださるかたが多く、
予想以上に本をお手に取っていただけました。とても嬉しかったです~。
どうもありがとうございました!

図書館スペースでも、見本誌を見てくれているかたが
けっこういてくれたようで(張りついて見ていたわけでもないので、
なんとなくの印象にすぎませんが)それもすごく嬉しかったです。
図書館方式ラブ。
文章系はゆっくり読んでもらわないと、内容の判断が難しいですよね。
イベント側でその機会を増やしてくれるのは、ほんとにありがたい。
その点、ほかの文章系イベントでも(っていまは文フリしかないが)
真似して「全種類見本誌展示」とか毎回やってくれたらいいのになぁ。
と思いました。見本誌の準備が地獄なのは判ってる。けどねっ。

イベントが終わってみると、湿気かなんだったのか、
本がものすごーく反り返っていました。
空気も煮詰まってたなー。

いつもながらの手際の悪さ(どうすればいいのか……)で
スペースの片付けをはじめ、荷物を宅配に乗せ、会場をあとにしました。
ありがとう畑!

菓子さんとなかなかディープな話をしながら、次なるカフェへ。
辿り着くまでにかなり迷い、地図2種とにらめっこしながら歩きました。
立ち止まったところで地元のおばさまに声をかけていただいたり。
(目的地が小さなお店だったため場所は判明しなかったのですが、
 ご親切にありがとうございました。観光地のかたは優しいネ!)
やっと見つけたカフェではランチタイムが終わっていて、
の……飲み物とケーキしかないー!!
ふたりともお腹がすいていたのでがっくりです。
座席も狭くてテンション下がる(笑)
お茶で炊いたごはんを食べてみたかったなー……。
気を取り直し、お茶とケーキを注文。

img861.jpg img862.jpg
▲tea room MADO MADOのミルクティーとケーキのアラカルト。
 味のある器がかわいい、そしておいしい~♪

ここは紅茶専門店らしく、茶葉の販売もしていました。
(株)テテの「マヒシャ」というブランド?(ややこしくて詳細は判らないけど)
はじめて見かけた「琉球紅茶」のお試しパックを購入。
170えん……ティーバッグ1コにしてはお高めかな、
と思ったけど、家に帰って見てみたら、
リーフ(茶葉)で8g入ってたので逆にお得だったような。
2杯飲めて170えんは安い♪

MADO MADOを出て「神戸のカフェランチ」を取り出し、
今度はちゃんとごはんものが食べられるかどうかを
電話で確認したうえで、つぎのお店へゴー。
トアロードをひたすら歩きました……。ゆるい坂が意外ときつい。

辿り着いたお店は「お気軽健康Cafe あげは。」です。
よく見ると「神戸のカフェランチ」の表紙はココが飾っていました。

img863.jpg
▲アカツカグループが認めた活性水……!
 (と説明書きがありました、アカツカグループ知らないけど。)
 人間の脳はその90%が水分だという衝撃的な事実をココで知る。

食前酒は梅酒か黒酢を選べるといいます。
菓子さんは梅酒、私は黒酢をオーダーして、
お互いのをひとくちずつ飲んでみた……。どっちもおいしー!

ごはんは玄米か十穀米かを選べました。
菓子さんは玄米で、鳥と野菜のせいろ蒸し、私はカレーで十穀米。
カレーを頼むと「カレー(とごはん)」オンリーのパターンが多いけど、
ここは副菜の種類が多彩に少しずつ出てきて嬉しいな~。

img866.jpg img865.jpg 
▲日替わり、菜の花とモッツァレラのカレー。
 め、めっちゃうまい。すごいうまい。

目の前には全面に窓があり、駐車場や路地などが見えます。
視界の端に、黒い影がチラチラ見えたり消えたりしていて、
「猫……?」「黒いゴミ袋が風に揺れている?」「謎ですね」
などと話しながらもぐもぐ食べてたのですが、
やがて身体を震わせる動きやらしっぽやらが見えてきたので、
やっぱ猫じゃないのっ……と大興奮でした(笑)

おいしさに大満足してお店を出て、
猫がいたっぽい路地のほうに足を向けると、
黒猫が道を横切っていました。アレだよアレ。あの子ですよ!

そして梅田へ移動。帰りのバス乗り場を確認。
今回は菓子さんと同じ乗り場なのです。時刻まで同じで安心。

そこからいよいよ、最終打ち上げ地のカンテ・グランデへ……!
何度か行っているし迷うはずがないよね♪
と余裕で歩き出したのに、また散々迷っ……、な、なぜ!
見覚えのある高架下を見つけて「こっちだー♪」と進んでいったら
どんどん知らない建物が見えてきて、知らない風景が広がり……。
「こんな古本屋あった?」「こんなギャラリーあった?」
「え、セブン新しくできた?」「まさかカンテ、つぶれ……」
最悪の想像をしたり、トワイライトゾーンに迷い込んだのかと思ったり。

いや、絶対、この道間違ってるよネ……。
かなり行った後に引き返しました……半端なく疲労しましたよ!
バスの時間も迫ってくるし焦るー。
結局、目印になる警察署まで戻って、
警察の人に正しい道を教えてもらいました……ありがとうございました。
辿り着けてよかったー。

毎回座っていた奥のソファ席に人の気配がしたので(お店の人だったかも?)
はじめてテーブル席に座ってみた……。

img868.jpg
▲ケーキ、ケーキ!
 毎回代わり映えしない写真だけど、これは様式美!

 左上から時計回りに、
 ピーカンナッツ・タルト/野いちごのティラミス
 桜のシフォンケーキ/チーズ・タルト です。

もー、カンテのケーキはどうしてあんなにおいしいのっっ。
ありがとう、レシピを考えたひと、そして実際につくっているひと。
念願のチーズタルトが食べられてしあわせだよ~♪
ふたりとも、おいしさのあまり、とても幸せな顔をしていました……。
でも話題は別れ話みたいな、やや暗い感じで(笑)
いや喧嘩とかじゃないですよ。仲良しですよ(と私が一方的に主張)!

菓子さん、カンテのモロッコ・ミント・チャイは
「緑茶に近い焙煎の軽い鉄観音」を使っているって
公式に書いてありましたよ~。と私信を打つ。
私はカトマンズ・チャイを頼みました。

以前買ったフラワリー・ファニングス(チャイ用茶葉)を、
賞味期限切らしつつも使い切ったので、
新しいパックひとつと、スパイスのマサラも買ってみた。
カンテで使ってるのと同じっぽいチャイグラスも売っていて、
おお、憧れのカンテチャイが家で……と、かなり惹かれましたが、
レンジで使えるかどうか不明だったので購入は見送り。
私はチャイを煮出さずレンジでつくるので……。
邪道かもしれないけど、手軽さには代えられない☆

アイドル猫のシロさんは、後ろ姿のみ拝見できました。
パンダ並みのレア度です。背中がモフモフしてました。

適当な時間で切り上げ、揃ってバスの集合地へ。
帰り道でまた迷ってしまった! さ、最後までかっ。
今回もよく迷う旅であった。
集合場所は数社共通の乗り場になっているみたいで、
人がすっごくたくさん、わんさかいました。
名残惜しいがここで菓子さんとはお別れ……。
次回の合同参加予定はいまのところ立ってないけど、
また絶対ご一緒しましょうねーーー!!!
おつかれさまでした&どうもありがとうございましたっ。
どろ焼きの味と、2冊めの誓いを忘れない。

帰りのバスは最前列でレッグレストがなくてつらかったのです……。
なかなか寝つけないし、行きに較べたらほとんど眠れませんでした。
しかも雨が降り出して、地元に到着するころにはどしゃ降りですよ。
旅行中はめっちゃ晴れてたのになぁ……。
油断して傘を持っていかなかったので、相当濡れながら家に帰りました。

ということで今回の遠征は終了です!
食べてばかりの幸せな旅でした~。楽しかったなぁ、神戸。
そうさく畑には機会見つけてまた出たいなぁ、と思います。
神戸・大阪に行きました【1日め・神戸観光編】 
4年ぶりのそうさく畑参加となりました。
またまた菓子さんと隣接です♪

今回の遠征も夜行バスで!
でも、乗るバスを変えてみました。
いつものJRバスが微妙に値上がってたのと、新しいバスが多数登場していたので、あれこれ試してみたくなりまして……。
選んだのはウィラーエクスプレス、女性専用で花柄シートのプリマ
車内の写真が感動的にかわいくて、一目惚れしました*
価格はいつものバスより数百円高い程度。
仕切りカーテンやコンセントのついているバスははじめて。期待大。

……結果的に言うと、お手頃価格で完璧なバスはあんまりないな……、
一長一短だな~と実感。
コンセントの使い方に戸惑ったり(プラグがなかなか入らなくてイライラ……差し込み口を回転させることになかなか気づけず。だって説明がひとこともないし)、
テーブルが小さすぎて利用価値がないも同然だったり、
トランクが利用できないということで、キャリーバッグを通路に置いておかなきゃなのも困った(が、なぜか帰りのバスではトランクが利用できた。同じ条件のバスだったのに)。
最前列(と一部の席)にはレッグレストがついてない……つらい。
座席が選べないうえ直前まで判明しないため、
事前に心構えができないのがヤな感じでした。
しかし! 寝やすさにかけては、JRバスより上手[うわて]だったように思います。
シートに敷いてある、ふわふわ白いシートカバーが快適。
あとやっぱり仕切りカーテンはとてもよかった……! くせになりそうです。
他の乗客の顔をほとんど見ていない(見られてもいない)ような気がします。
パーソナルスペースって大事ねー。

金曜夜に出発。
昼間はバイトで労働し、いったん帰宅してお風呂にゆっくり入り、深夜に出発。
そんなコースだったので、行きはぐっすり眠れました♪
レッグレストのついてる席だったし。
スペースが狭くて、うしろに人がいたため
フルリクライニングしきれなかったのが残念でした。
うしろのかたは京都で降りられたので、
1時間ちょいばかし全倒し146度の世界で熟睡。
ちょう快適だった~*
いくら垂直に近く倒せる座席でも、
倒しにくい雰囲気だとまったく意味ないんだよね。
この際、全員フルリク義務にしてほしいところです。そんな世界になるといい……。

土曜6:30くらいに大阪着。
前回の反省(トイレにせっけんがなかった事件)をふまえ、
ぬかりなく「紙せっけん」(なんだかなつかしい品)を持参したよ!
まずはコンタクト入れる。
菓子さんと会うべく神戸へ向かい、8:00くらいに到着。
1年3か月ぶりの再会です~v 菓子さーん!
開いているお店が少なく、朝食はチェーン店のドトールで。
朝からいきなり暗い話とか近況報告をしつつ(笑)、
ガイドブックをめくって観光先を吟味。
きょうは神戸観光ですよー!

最初に行った生田神社が、すごく面白かった……。
畑で配布したペーパーにも書きましたが、おみくじの内容が。
菓子さんが引いたおみくじには、
「空元気ではないか」
「病気は誤診に注意」
という、具体的かつどーすりゃいいんだという内容が書かれていました(笑)
私のおみくじには、最近の成田山のお告げと同じく
「今はダメだけどそのうちよくなる」っていう気休め的なメッセージが。
こんなに言われるならきっとそうなんだろうなっ!
生田神社は「蘇る神」として崇敬されているそうなので、
私も蘇れるようにお祈りしてきました……。
でも、絵馬に「東方神起が5人で活躍しつづけますように……」
という願いが、複数書かれていたのに、
翌日彼らの活動休止が発表されていた……。
……生田神社……?

img827.jpg
▲青空と桜がキレイでしたv

そのあと異人館あたりを散策したり、雑貨屋さんを覗いたり。
きつい坂の多い街だったなー。
そろそろごはんにしよー。と、迷いながらお粥の店に到着。
でも満席。待とうかとも思ったけど、かなり時間がかかりそうだったので、別のお店へ移動。

img833.jpg
▲cafe Si^onのごはん。ヘルシーでおいしかった。
 ケーキとお茶もいただきました♪

今回の旅はですね。
この本が、期待以上に大活躍しましたよ……!

神戸のカフェランチ神戸のカフェランチ
(2008/06)
桜風舎

商品詳細を見る

2年前の本なので情報が古かったらどうしよー、
と心配しつつも買って持っていきました。
行ってみたお店はしっかり営業していたし、もれなくおいしかったー♪
(このシリーズ、横浜・大阪・京都編も持っています。とてもよい本だ*)

ごはん後、電車で移動して王子動物園へ。
着いてみたら、びっくりするほど人が多くて混み混み! 親子連れ多し。
こんな混んでる観光地は久し振りだー、と驚きながら、動物を見て回りました。
オオカミが見たかったのに、標識に名前だけ書いてあって、いなかった……。
あと、ヒグマが人間を襲う話をちょうど読んでいたので、
本物のヒグマを見て「おお」と感嘆したり。

シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)
(2009/06/05)
増田 俊也

商品詳細を見る
▲この本。残念ながら、期待したほどは面白くなかった。

img837.jpg
▲そしてパンダは、終始背中を向けていた。
 小さくて見えませんね……探してみてください(クリックでちょっと拡大)。

img839.jpg
▲メリーゴーランドにも乗った。ぐるぐるぐる~。

ひととおり楽しんで、また電車移動。こんどはお店巡り!
これもペーパーに書いたネタですが……。
vivo,vabookstoreという本屋さんで400えんのミニコミ買ったのです。
私は500円玉を出しました。
そしたらレジにお釣り銭がなかったようで、
お店のおにいさんが自分の財布を出しはじめました。
しかし結局「50えん2まいでいいですか……」って、レジから出す。
いいけど財布の意味は。
袋が大きいのしかないんですけど……と言われて
「あ、じゃあ入れなくていいです」と遠慮してみたり……。
おもしろかったです。

榮町ビルディング周辺をぶらぶら。小さなお店がたくさんありました。
南京町が近かったので、中華街に寄って軽く食べ歩き。
豚の角煮と高菜が挟んであるチャイニーズバーガー(って名前だったかな?)が
アツアツですっっごくおいしかったです! 横浜にもあるのかな、また食べたい……。
神戸の中華街は横浜よりコンパクトで整然としている印象でした。

そしていよいよ夕食ー(まだ食べる)。
喃風というお店の「どろ焼き」が食べてみたくて、また迷いながらもお店へ到着。
人気店のようで、ちょっと待たされたのちに店内へ。

img850.jpg img851.jpg
▲これがどろ焼きだっ。
 写真では伝わりにくいけど、ふにょふにょの食感なのだ。

お好み焼きともんじゃ焼きの中間のようなやわらかさで、だし汁につけて食べます。
おいしいー。わー。来てよかった。
しかも文庫発売祝いとして菓子さんがおごってくださった……ありがとう!
2冊めの予定が立っていない身としてはおごっていただくの心苦しいですよー、
と申し出たのですが、いつのまにか「おごってもらえば2冊めが出ます!」
という論理になったので(なぜだw)ありがたくご馳走になりました!
2冊めも絶対に出して菓子さんにお送りします。10年以内に(笑)。

満腹感を抱えつつ、駅からシャトルバスでホテルへ移動~。
神戸ポートピアホテル。
菓子さんの活躍により(いつもおまかせしてしまう……感謝です)、
すごい割引率ですごい豪華な部屋が取れました。感激ものでした。
高級ホテルすぎて、近くに自販機も見当たらないのが玉にキズでしたが!
ドリンクを買いそこねたので(冷蔵庫に入っている缶ジュース300えんなんて買うものか)、
菓子さんの持っていた炭酸飲料を半分こしてもらいました(笑)。
重ね重ねごちそうさまですー。

せっかくだからペーパー合作しましょー!
と言って、菓子さんの持ってた航海日誌のレポート帳に
対談形式で書きはじめたけど、お互いもう十代の若者とか学生とかじゃないから、
対談って……気恥ずかしいのです……すごく……。
うぎゃあと煩悶しつつの対談でしたが、終わってみればすごく楽しかった~♪
菓子さんの美しきナマ絵も見られたし……はぁはぁ。
でも、ふたりとも歩き疲れていて眠すぎて、睡魔との闘いでもあったのです。
私が先にお風呂をいただいて、上がったら菓子さん熟睡してて、
起こしてもまた寝てしまうので、ちょっと心配したり(笑)
その後、菓子さんがお風呂に入っているあいだに
私はコトンと寝ていたり……(笑)

つづく→神戸・大阪に行きました【2日め・そうさく畑64&大阪編】
お茶が好き……。 
恐怖の兜 (新・世界の神話)恐怖の兜 (新・世界の神話)
(2006/12)
ヴィクトル ペレーヴィン

商品詳細を見る

「いったい、ここは、どこなんだ!?」彼らは孤独に、それぞれ目覚める。そこは小さな部屋、あるのはベッドとパソコンだけ。居場所を把握するため、仲間探しのチャットが始まる。呼びかけに応じたのは、男女八人―。どうやら自分たちが迷い込んだのは、「恐怖の兜」をかぶった巨人の世界らしい。その正体は、牛の頭をもつ怪物ミノタウロス。そう、つまりこの奇妙奇怪な世界は、ミノタウロスの迷宮なのだ。そして彼らは救出の時を待つ。ミノタウロスを退治した、英雄テセウスを。しかしその脱出劇には…驚愕の結末が。現代ロシア文壇に異彩を放つ寵児ペレーヴィン。驚異的な空想と論理をもって一気に描ききる、テセウスとミノタウロスの迷宮神話。
▲アマゾンの商品説明より引用。

数日かけて読了しましたー。
でも「驚愕の結末」がなんだったのか
まったく理解できなくて途方に暮れました。
難解ー!
ロシヤ文学はほとんど読まないけど、あの「ロマン」のほうがまだ判りやすかった気が……。
読んだ人いたら、結末の意味を教えてください……っ。

腱鞘炎の症状がだんだん悪化してきて、
手首がほんの拍子に「ピキッ」とかいう(いたい)ので、応急処置で冷やしています。
速水さんにもらった保冷剤(おでことか目を冷やす用?)を手首に巻いて使うナリ。
整骨院通いする余裕はないなぁ。地味にお金&時間かかるのよね。

きょうはルピの試飲会があって、自由が丘行ってきました。
いろいろ飲めて楽しかったよ。
オルヅォ・いちごはあんな味だったのか……。期待と違った。
店内商品が一割引になる日なので「スリジエ」買うー。
と、勇んで行ったのに売り切れだと言われた。
そのあと「定価でもいいや」と思い横浜の店舗に行ったけど、やはり売り切れだと言われた。
スリジエは春の季節限定商品。
去年買い逃していて、未だ飲んだことがないのです。
カフェインレスでフルーティーな(しかも、好きなさくらんぼ系っぽい)紅茶は貴重。
通販サイトを見てみると、ネットではまだ在庫あった。
買っとけーと勢いづいて、単品で注文しました。
送料300えんかかるけど、考えてみれば交通費より安いし、
おまけのサンプル3袋も選べて、結果オーライかも。

あと、代官山のボンマルシェにも行ってみたー。
来月賞味期限の切れる「春ぽろぽろ」(40%オフ)と、
もーちょい賞味期限の長い「栗(緑茶)」(15コも入って650えんとオトク)のティーバッグと、
「オルヅォ・チョコラータ」(20%オフ)買った。
家在庫のラインナップが、どんどんカフェインレスになってゆく。
あ、袋を断ったら、ティーバッグのサンプル(大好きなアップルベリーだった♪)もらえましたよ。わーい。
にっきです。 
身体が弱ってるときに、バイトの肉体労働当番(があるのです)に当たって、もうへにょへにょ。
きょうは掟破りなほどに早く寝たいナリ。

イベレポは下書きまで終わった。
清書は次の休みにやりますー。

バイト先の主婦連にきいてびっくりしたのですが、
いまの小中学校はもれなく2学期制なんですって!?
よ、よくわからんー。3学期がないってどんなかんじ?
世の中の常識が変わってくると、小説書くのにも影響が出るよネー。
恋愛小説コンテスト。 
■株式会社パブリッシングリンク/第2回 らぶドロップス恋愛小説コンテスト
pabli02_banner.gif
http://www.publishinglink.jp/contest2/contest2.html

電子書籍でお世話になっている株式会社パブリッシングリンクさまが
「第2回 らぶドロップス恋愛小説コンテスト」を開催中です。
今回のイラスト担当は紅月りとちです~♪(´∇`)
思わずペンネームを変えて応募したくなりましたー(笑)
神戸はとてもおいしかったです。 
4年ぶりのそうさく畑参加、楽しかったですー。
心配はしていなかったのですが、やはりアットホームな雰囲気は変わらず!
詳しくはイベレポ書きます、今度こそ早めに。
本をお手にとってくださったみなさま、ご一緒してくれた菓子さん、
どうもありがとうございましたー♪
食べたもののすべてがおいしくて幸せでした……。
10/04/04 そうさく畑64に参加します。 
神戸遠征です! 4年ぶりのそうさく畑参加です!
スペースは【12丁目1番地】です。
宇宙果実さまと隣接で参加します♪

★ティアラ文庫版「白衣と意外性の研究」展示します(頒布はできません)。
★新刊はありません。

【既刊】
●水追ふ娘 ACT.1 ¥100
●もっと!新刊を出したくなる本~その後の本。 ¥100
●ふたり~利用するもの、されるもの(合同誌)¥500 詳細ページ
●白昼ベビードール[成人向]¥350 詳細ページ
●サヨナラペイン ¥500
●Goodbye Cruel World ¥300
●校内メール(合同誌)[成人向]¥500 詳細ページ
●うさぎがり惑溺[成人向]¥500
●みいこプロ10周年記念本 ¥200

通常の図書館&小説図書館コーナーで見本誌を自由に読むことができます。
関西方面のみなさま、お時間あれば是非おいでくださいなー♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。