じわじわ死にかける描写 
あああ……この部屋の中には「星への旅」が二冊あるはずなのに……見つからないー!!!
(ブログ検索したら2009年に図書館で借りて読んだらしい)
(そのあと二冊買ったことは憶えている)(でも探し出せない)

いま架空世界恋愛小説を書きかけてて、プロットがドラクエみたいな話(どんな)にふくらんできたのですけど、友人と話してて「あっこれ当初はヒロインがじわじわ死にかけるシーンを書きたいだけだった……なのにどうしてこうなった……」と気づき。
「じわじわ死ぬ」といえば「星への旅」ですよ!
吉村せんせいは歴史小説とかノンフィクションに有名な著作が多いですが私は断然リリカルな純文学がすきです。「星への旅」はほんとに衝撃的だった……。
ボクサーが電車に轢かれる話とかすごすぎるよー。
集団自殺で崖から落ちていくあいだの心理描写すごすぎるよー。
読み返したいのに見つからないよー!
つぎの休みに探す。ゼッタイ。

ぜひ読んでみてください。

星への旅 (新潮文庫)
星への旅 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.03.24
吉村 昭
新潮社
売り上げランキング: 122,949
Bad in Tea 
うわああああΣΣ(゚д゚lll)

Good in Teaキット販売終了のお知らせ ならびにお詫びについて

頒布会のぶんも確保できてなかったらしく
めっちゃ楽しみにしていたジャーセットが
別の商品に変更されてましたorz
無責任な対応にびっくりさせられたよ(; ´_ゝ`)

かなしい(´;ω;`)
Good in Tea 
リプトンの「Good in Tea」が飲みたくて
バイト帰りに渋谷に行ってみたんだけども、
まさかのランタンジャー売り切れ!
えっ2月1日から3月31日までの開催なのに
2月7日に売り切れってどういう……。
きのう売り切れたらしいので一週間保たなかったみたい。
ジャー+紅茶で1000えんもするのにー!

lipt_png.png
▲(画像は公式からお借りしました)(すてき)

こ、この、いかついランタンジャーに入った
フルーツたっぷりの紅茶が魅力的すぎて
はるばる渋谷まで行ったというのにorz
(あっでも新しいバイト先からだと電車1本でラクチンだった)
次回入荷未定と案内されたけど、まあ、いつか入るんだろうな。

じつは先日リプトンの頒布会に申し込んでしまったので
初回にこのメイソンジャーはもらえるらしい。確保。安心。
ただ、持ち手のついたランタン型(ショップ限定のもの)ではないらしい。
だがしかし、持ち手がついていたところで無用の美というか
インテリアに使うのではなく飲み物容れて飲むだけなので、
ひとつあれば充分だし……と、自分を納得させているところです。
買えるものなら買いたかったが……ううぅ。

KIMG0954.jpg
▲なので500えんのカップを買いました。

紅茶にドライフルーツおいしすぎだよ!
時間が経つほど甘みが紅茶に溶けだして……至福。
たぶん缶詰のフルーツでもおいしい。
ぜいたくなのみもの!

でもメイソンジャーって熱湯だめらしくて
80度くらいのお茶じゃないと注いじゃいけないっぽい。
なかなか扱いが面倒そうである。
とりあえず、到着を楽しみにしています。
頒布会。ああ。沼。
新テンポ 
今月から、新店舗でバイトしてます。
最初に配属された店舗でメンタル病みそうになったので
異動させていただきました。
す……過ごしやすい……ε-(´∀`*)
いじめてくる人がいないよ! みんな優しいよ!
異動可能なチェーン店で助かりました。
やっぱバイトは仕事内容より人間関係!
ワガママ言わずに働こうと思いました。
駅からだいぶ歩くんだけどね!

まだ実際に執筆できてないんですけど、
おはなしをつくれるようになってきたので
リハビリは順調です。
架空世界モノだからネーミングが……。
カタカナに馴染めないのでやっぱり漢字にしようかな……。
コテコテのファンタジーだけど……。
と、いろいろ悩むのも楽しいです。

通勤時間が増えまして、再びiPod持ち歩くようになりましたー。
何度めかのオーノキヨフミブーム(自分の中で)がきているので、持ってなかったこれ買った。
東京タワーが名曲すぎる。

Yesterdays
Yesterdays
posted with amazlet at 17.01.27
hei-bon RECORDS (2013-02-26)
売り上げランキング: 1,809
2016年後半に読んだ小説 
2016年6月のブログ記事
「2016年前半に読んだ小説」について列記しました。
新年になり「結局昨年は何冊読んだんだろう」ということが気になったので
同じように数えてみました。
ナンバリングは前半のつづきです。

8)ファンタジー。幻想世界でのいろいろな出来事の短編集。
9)ライトノベル。創作グルメ系。余談:読んで後悔したほどくそつまんなかった。
10)クライムノベル。暗殺者の集まる地下の食堂でのお話。
11)短編集。ミステリっぽかったりドキドキだったり切ない話が5編。
12)短編集。不思議だったりグロかったりユーモラスだったりな話が6編。
13)お仕事小説。出版社の受付に配属された若い女の子のお話。
14)クライムノベル。暗殺者同士が追ったり追われたり対決したり。

前半と同じく7冊でした。
うわっ……私の読書冊数、少なすぎ……?(年収の広告のノリで)
トータル14冊なので、かろうじて月イチで1冊は読んでる計算ですね。
商業誌のほか、創作文芸同人誌も数冊読んでるのが救いか。
(あっもちろん「小説」のカウントなので漫画や一般書籍は別ですよー。)

先日やっと2017年初の小説を読了したのですが
まー、もー、集中力が切れるね。
昨年から読んでてやっと読了。厚くもない文庫に1か月。
若いころより確実に「読む力」が衰えてきているのを感じます。
でもやはり冊数は少なくともすてきな小説を読むたびに
どんな娯楽より読書が好きだーってなるから幸せですね。

ことしは去年より多く、小説本を14冊以上読みたいなっ……。
大丈夫、積読本は確実に140冊以上あるから。ニコ!